引越しが決まったら?

進学したり就職したり、また結婚や転勤などをきっかけに引越しをする事ってありますよね。引越しは人生の新しい1ページとして期待と興奮が渦巻く人生の一大イベントです。しかし同時に、引越しに関する手続きや作業などはたくさんありますから、準備不足で焦ってしまったり、心配しすぎてストレスを感じる事もあるかもしれません。

引越しをする際には、役所や学校などでの手続き以外に、光熱費のサービス停止や住所変更などの手続きを行なうことも必要になります。また、引越し日を決めて引越し業者を決めるだけでなく、現在使っている家具や家電などが新居にきちんと納まるかどうかもチェックしなければいけません。

引越しをする先を見つけたらまず、下見をする事をおススメします。引越し先の下見に行く際には、巻尺などを持参して、階段の幅や廊下の幅などをきちんとはかり、家電製品や家具などが引越し先に納まるかどうか確認しましょう。万が一収まらない場合には、引越し前に処分しなければいけなくなります。

また、引越しの下見をする時には部屋の間取り図やコンセントの位置などもチェックしておくと便利です。コンセントの場所が分かればどこにどんな家電を配置できるのか部屋の間取りも大まかに決める事も出来ますし、引越し業者が荷物を搬入してくれた時に、迷わずに何がどこに配置されるのかを指示する事もできますよね。

引越しはちょっとした工夫でずいぶん楽になります。ポジティブな気持ちで引越しをスムーズに進めることができると良いですね。

三重の特徴紹介

三重県といえば思いつくのが伊勢。伊勢と聞いて思いつくのはやっぱり「伊勢海老」ではないでしょうか。それだけではありません。三重といえば高級なビーフ「松坂牛」の故郷でもありますよね。三重は海の幸も、そして山の幸も豪華絢爛に楽しむことができるグルメな地域としても知られています。

三重県では、松坂牛を大胆にもミンチにしたハンバーグを食べることができるレストランなども多く、B級グルメも豪華な食材がふんだんに使われていたりするようです。三重県を訪れた際には、いろいろなレストランを食べ歩きしてみたいですね~。

駿河湾をはさんで愛知県と向かい合っている三重県は、自然がまだたくさん残っていて日本の歴史や文化を肌で感じることができる地域。伊勢神宮は日本人なら一度は訪れてみたい厳かな場所でもあります。日本にある神宮の本宗に指定されていて、天照大御神の時代から受け継がれている歴史ある伊勢神宮は、国宝にも指定されているほどです。

鳥羽にある鳥羽水族館ではアフリカンマナティーが飼育されていますが、ペアで飼育されているのは世界の中でも鳥羽水族館ただ一つなのだとか。三重を訪れた際にはぜひチェックしたいスポットですね。

そんな三重を代表するお祭りといえば、伊勢神宮で春と秋に行なわれる神宮祭や、鎮国守国神社周辺の子供たちが自慢の金魚を持ち寄って金魚御輿を担ぐ金魚祭りなどはとても有名ですね。また、朝熊山のつつじ祭りは毎年5月に行なわれていて、約6千本のつつじが当たり一面に咲き誇る姿がとても美しいお祭りです。

Copyright © 2016 三重県の引越し業者 . All rights reserved