トップページへ > 最悪な引っ越し
最悪な引っ越し

私はこれまでに何度か引っ越しを経験していますが、本当に最悪な引っ越しを体験したことがあります。それは私が上京したときの家ですが、東京はどこも家賃が高くて私は安いところしか住めませんでした。それでも比較的きれいなところへ引っ越したのですが、そちらが本当に最悪な物件でした。アパート全体が日陰になっていて、湿気臭い、嫌な感じの漂う物件だったのですが、私がそのアパートに引っ越してから数日後のこと。私がベッドで寝ていると、キッチンの方でガサガサ音がしました。ちょっと怖くなったのですが、とりあえず自分の部屋の電気を付けました。するとそのもの音もさっとなくなったので、キッチンのドアを開けてみると、そこには小麦粉やお菓子などが入っていた袋が破れ、中身がぶちまけられていました。一体なんだこれは、と思ってその夜は片付けて寝たのですが、次の日同僚に相談してみると、その犯人はネズミだということがわかりました。そういえばなんだか噛みちぎったようなあとがあったなと思い出しました。そこは残念ながら翌週に引っ越しました。

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 三重県の引越し業者 . All rights reserved