トップページへ > 引越し時の本の処分について
引越し時の本の処分について
" 引越しの片付けで大変なことは色々とありますが、中でも本や雑誌といった書籍類の片付けは重労働です。箱詰めと新居で本棚に並べるのは、重量があるだけに本当に嫌なものです。引越しの作業員にも時折嫌味を言われ不評です。  引越しする際は、誰しも荷物を少なくするかと思いますが、私は引越し時が本を処分する良い機会と捉えています。  資源ゴミとして捨てる選択もありますが、売ることをお勧めします。  売っても幾らのお金にもならないことは周知されていますが、引越しを機に考え方をかえて、その本を読みたいけれど、定価で買えない人に対して、“譲る”という寛大な気持ちで、社会に送り出す、世の中に少し貢献するというスタンスにたって、不要な本は思い切って処分することです。  私も売っても幾らにもならず、また読みたくなるかもと思いついつい新居に運ぶことを繰り返しましたが、結局はそのような本は手に取ることもなく、限りあるスペースにいつまでも幅をきかせます。若いうちはいいですが、年を重ねると重いものの出し入れは鬱陶しく、また怪我にも通じます。  引越し時の片付けは、自分自身の生活を変えるチャンスでもあります。不要な本は潔くリサイクルにまわしましょう。"

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 三重県の引越し業者 . All rights reserved