トップページへ > 布団を置くスペースが無くて失敗
布団を置くスペースが無くて失敗

先月、引っ越したのですが思わぬところで「失敗した」と落ち込んでいます。
今まで住んでいた場所では、布団を敷いて寝ていたのですが、引越しを機にベッドに変えるつもりでした。
新しい家に引越し作業も終わり、家具を探しに行ったのですが、気に入ったものが見付からず、当面は前の家から持ってきた布団で寝起きをしようということになりました。
ところが、ベッドにすべて変える予定だったので、新居には押入れはなく、収納場所はすべてクローゼットタイプのものでした。
洋服や衣装ケースなどを入れたクローゼットには、布団を置くスペースがありません。
まだ収納に余裕のあるクローゼットも、押入れのように二段になっていないため布団を置くことができず、結局、部屋の端に布団を畳んで寄せておくということになりました。
せっかくの新しい部屋も、一日中布団が目に入り落ち着きません。
何とか布団を入れる収納場所を作ろうと、ホームセンターでスノコと木材を購入。手作りの棚を作り、何とかそこに布団を仕舞うことができました。
今回の失敗で、押入れの必要性に気付きました。クローゼットは確かに便利ですが、中に段がないため、ものを重ねて置くことができません。
どこか一部屋でも押入れを収納場所として作っておくことも、いいかもしれません。

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 三重県の引越し業者 . All rights reserved